TOPページ新着情報一覧 > 参考情報/訪問看護出向事業について

2017年04月25日

病院看護師が、研修ではなく訪問看護ステーションで、6カ月程度勤務する「出向事業」について報告されています。出向事業の普及と継続性の確保に向けた仕組みの検討と、病院看護師の職務や属性に応じた出向の検討を目的としていると説明されています。全国8か所10ケースで実施し、病院看護師の在宅療養支援のスキルアップと訪問看護ステーションへの人材支援の効果があったことが報告されています。しかし、病院側に出向できるだけの看護人材が確保できない、訪問看護ステーション側には受け入れにかかる諸経費を補助する仕組みがまだ整備されていないこと等の課題もあるようです。医療と地域の連携を促進する人材育成として、新たな就業形態である出向に関するモデル事業の報告であり、関心を寄せていきたい取り組みの一つだと思います。

 

出典:日本看護協会:平成28年度老人保健事業推進費等補助金―老人保健健康増進等事業―訪問看護実践を通じた病院看護師の在宅療養支援能力向上に関する調査研究事業報告書、pp272-273、平成29年3月