TOPページ事業所・看護職の方向け > 2.訪問看護体制支援事業とは

2訪問看護体制支援事業とは

本事業は公益社団法人徳島県看護協会(以下、「看護協会」という)が徳島県から補助・委託を受けて 行うものであり、事業の拠点を看護協会に置いています。

  • 本事業の実施主体は、徳島県です。
  • 徳島県では訪問看護体制支援事業が平成26年度から始まりました。
  • この事業は、要支援・要介護の増加により、在宅療養者の増加が見込まれる中で、訪問看護サービスの安定的な供給を維持し、在宅療養環境の充実を図ることを目的とするものです。
  • 訪問看護ステーションでは、利用者への訪問以外の周辺業務(報酬請求業務、電話相談対応等)が多く、職員負担が大変大きくなっています。
  • 本事業では、「徳島県訪問看護支援センター」を設置し、訪問看護ステーションを支援するICTシステムの推進、人材育成、相談事業、および訪問看護のネットワーク推進等を行う体制を作ります。

事業推進のために訪問看護支援センター運営委員会および訪問看護ステーション部会を設置し、事業 計画等を審議しています。
運営委員会は、県医師会、県歯科医師会、県薬剤師会、県訪問看護ステーション連絡協議会、看護教育機関、保健所、行政機関の各代表者7人と支援センター長から構成されています。
さらに、訪問看護ステーション部会は、訪問看護事業所管理者4~5人から構成され、東部、南部、 西部の3圏域にて会議を行っています。