TOPページ事業所・看護職の方向け > 2.訪問看護体制支援事業とは

2訪問看護体制支援事業とは

本事業は公益社団法人徳島県看護協会(以下「看護協会」という)が徳島県から補助・委託を受けて行うものであり、事業の拠点を看護協会に置いております。

  • 徳島県では訪問看護支援事業が平成26年度から始まりました。
  • この事業は、要支援・要介護者の増加により、在宅療養者の増加が見込まれる中で、訪問看護サービスの安定的な供給を維持し、在宅療養環境の充実を図ることを目的とするものです。
  • 訪問看護ステーションでは、利用者への訪問以外の周辺業務(報酬請求業務、電話相談対応等)が多く、職員負担が大変大きい現状にあります。
  • このため、本事業では、「徳島県訪問看護支援センター」を設置し、訪問看護ステーションを支援する ICT システムの推進、人材育成、相談事業、および訪問看護のネットワーク推進等を行う体制をつくります。

事業推進のために訪問看護支援センター運営委員会を設置し、事業計画の審議、意見をいただきます。なお、平成27年度からは運営委員会に訪問看護ステーション部会を設けます。
運営委員会は、行政関係者、県看護協会代表者、県医師会代表者、県歯科医師会代表者、訪問看護事業所管理者、学識経験者等から構成されています。

1)事業主体
本事業の実施主体は、徳島県です。
2)実施スケジュール
平成26年度に始まりました。
3)事業項目
  1. 訪問看護体制支援事業
    ①訪問看護支援センター設置・運用
    ②訪問看護ICTシステム推進
    ③相談事業
     徳島県訪問看護支援センターに相談室を設置、相談対応
  2. 人材育成事業
    ①新卒看護師育成プログラムの検討を受ける体制整備と運用
    ②研修企画・運営
    • 現任教育研修(精神科訪問看護基本療養費算定要用件研修、管理者研修など)
    • 退院支援療養支援の看護・介護職員の研修
    • 学びなおし研修(潜在する有資格者で訪問看護師を希望する方を対象とします)
    • 地域連携・地域ケア連携に関する多職種の方への研修
    • 在宅看護の啓発に関する一般市民の方への研修
  3. 在宅医療・介護連携体制構築事業
    ①在宅療養事例検討会
    ②訪問看護ネットワーク推進
    • 地域の多職種連携会議への参画
    • 関連機関との連携事業ネットワークづくりの参画
    ③僻地訪問看護ステーションサテライトのモデル設置・運用