TOPページ事業所・看護職の方向け > 3.新卒者等訪問看護師育成プログラム

3新卒者等訪問看護師育成プログラム

訪問看護体制整備には、訪問看護に従事する看護師の育成が欠かせません。現状では、潜在看護師の掘り起こしや、医療機関に併設する訪問看護ステーションでは、職員の配置換えなどで対応していますが、小規模で研修体制も十分に取れないステーションでは訪問看護の特性を理解し、必要な技術を有する看護師の育成が緊急課題となっています。そこで、徳島県訪問看護支援センターでは、新たに訪問看護に従事しようとする看護師の育成を支援するためのプログラムを用意しました。プログラムの実施に当たっては、訪問看護支援センターから学習支援者を派遣して、振り返り会議などで助言などを通してお手伝いさせていただきます。
プログラムの概要は以下のとおりです。

基本方針:
① 本プログラム受講者は、訪問看護師に求められる技術を確実に実践できる
② 本プログラム受講者は、習得した学習内容を基盤に生涯にわたって発展させる
③ 本プログラムにかかわる者は、各自の役割を主体的に遂行する

支援体制:
訪問看護ステーション所長、ステーション内指導者、訪問看護支援センター学習支援者、学識経験者が連携を取り新卒者の学習を支援します。原則、新卒者が所属する訪問看護ステーションで振り返り会議を定期的に開催しながら学習内容を定着させます。個人の経験や背景にあった学習支援体制を組むよう支援します。

なお、新卒者等の中には、看護基礎教育課程を卒業したばかりの方、医療機関内で看護師経験があるが、訪問看護ステーションでの勤務は初めてである、また何らかの事情で長年看護師業務から離れており、久しぶりに訪問看護ステーションで勤務したいと考えている方を含んでいます。

新卒者等訪問看護師育成プログラム
新卒者等訪問看護師育成プログラムの概要
新卒者等訪問看護師育成プログラムパス
自己評価支援ツール
同行訪問時記録様式