TOPページご利用さま向け > 1.訪問看護とは

1訪問看護とは

訪問看護は、病気や障害があっても、住み慣れた地域やご家族で、その人らしく療養生活を送れるように、看護師等(※)がご自宅等に訪問し、看護ケアを提供するサービスです。年齢に関係なく、介護保険や医療保険により利用できます。
サービスの提供にあたっては、自立援助と生活の質の向上を目指し、療養生活を支援します。
また、医師やケアマネジャー等と連携を図り、さまざまな在宅ケアサービスの使い方を提案します。
看護師免許を持つ看護師もしくは保健師・助産師が訪問看護を行います。必要に応じて理学療法士、作業療法士、言語聴覚士等が訪問します。

※看護師等:保健師、看護師、准看護師、助産師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士
※訪問看護を行う上で個人情報の保護に関する法律を遵守し個人の権利、利益を保護します。
※個人情報を取り扱う場合は必ず、あらかじめ本人の同意を得ることとします。

訪問看護について動画で分かりやすく説明しています!

訪問看護の利用を検討されているご家族の方や、訪問看護について知りたいと思っている一般の方向けに、公益財団法人日本訪問看護財団が作成した「こんにちは!訪問看護です!」という動画があります。訪問看護について7分間で分かりやすく解説されていますので、パーソナルコンピュータやスマートフォン、タブレットなどをお持ちの方は是非ご覧ください。

・平成25年度 一般社団法人 日本損害保険協会助成事業
 訪問看護師育成支援及び訪問看護の活用促進事業
 訪問看護広報用DVD「こんにちは!訪問看護です」

日本訪問看護財団 研究・開発事業